きんせ旅館

ぶろぐ

2012年12月13日

新規オープン情報などなど

もういくつか寝るとクリスマス、そしてお正月、その前に大晦日。
毎年のように思いますが、今年一年もホントに何もやってないまま終わる感じです。

そんな事はさておき、最近は先輩、友人のお店が立て続けにオープンしておりまして、ちょろっと紹介させていただきます。

まず始めに、堀川御池西入る50mほどの北側にネオンの灯る長屋の一軒。こちらが「neon forest JIJI」。もともとはネオンアーティスト安彦哲男さんのギャラリーとしてオープンしていたのを、先月?先々月?くらいからバーとしての営業を始めました。店内の明かりは全てネオン。もちろん安彦さんの作品です。こんな雰囲気のバーは京都のみならず、日本全国ここだけではないでしょうか?バーカウンター内の二人のお兄さんはきんせ旅館と縁の深い、いつもお世話になっている素敵な方たちですので、みなさま気軽に立ち寄ってみてください。



そして次にご紹介するのが七条壬生川西入る北側「OST」。きんせ旅館から徒歩5分の場所にある、東欧雑貨も取り扱うカフェバー。エスプレッソの美味しい楽しい場所です。ご機嫌でナイスなオーナーの元、夜な夜なご近所さんも交えて、個性あふれる顔ぶれがカウンターで立ち飲み、椅子でまったり、お酒でもコーヒーでも、思い思いに過ごしています。是非。



最後に「Germer」。こちらは長年にわたり、パン職人として活躍してきた岡本幸一さんのお店です。パンに合う料理とワイン。あくまでもパンを主役に据えたこだわりのコンセプト。パン職人としてもさることながら、フレンチや割烹の経験を持つ料理人としても大いに腕を振るっています。場所は白川道り今出川下がる三筋目西入る。






どの店も素晴らしい。きんせ旅館も頑張ります。
12月24日(月)のクリスマスパーティですが、五条新町下がるフレンチの人気店「ア・プ・プレ」さんからは鳥の丸焼き?、先に紹介した「Germer」のケーキ、友人ミュージシャン達のライブ等々、ワイワイ楽しくやる予定です。詳細決まったらまたブログやフェイスブックなどでお知らせします。っていうか早く決めないとですねー。

blog_bottom

2012年07月07日

宿泊想起

先月の事になりますが、学生時代からの親友二人が新しいアパレルブランドを立ち上げ、大阪で展示会をするというので行ってきました。今回はトップスのみで型数も多くはなかったものの、ファッション業界で素晴らしい経歴を築いてきた二人からひねり出された、面白いアイデアが沢山詰め込まれたコレクションでした。プレゼンテーションの方法もこだわっていて、久しぶりに会った二人の表情からも、楽しんで仕事をしているのが手に取るようにわかる素敵な展示会でした。ブランド名は「0−」。まだホームページもないようです。

とまぁ、服飾専門学校を卒業したものの、ファッション業界の仕事に携わった経験なんてほぼ無しに等しい僕が、こんな事を書くことに何の意味もないのですが、この二人のうちの一人がきんせ旅館の暖簾を作ってくれた人物でして、昨日彼から色々な件でメールが来たと思ったら、しまいには「ブログを書け」との事。

ブログだなんだって、たまに書いてるつもりではいるんですが、実際更新なんて全然してないし、書くことが無いからテーマをくれと開き直ってみたところ、返ってきた返事が「宿泊想起」。

確かに5月から宿泊が始まり、泊まれない旅館改め、泊まれる旅館に生まれ変わった当旅館。旅館旅館と書いてはいますが、実際は1棟貸しと言った方がサービスの説明としては的を射ており、「旅館」という単語が名前についてることで、世間の皆様が通常の旅館のサービスを期待されるのは無理からぬことでして、そのうち不快な思いをされるお客様が出てくるのではないかと今から心配しております。(今のところ皆様から大好評なのですが←ずうずうしい)現時点で出来るのは、ホームページやフェイスブックはもちろん、お電話でお問合せ頂いた時にはできる限りわかりやすく説明するという事。今後も改善する余地のある部分は随時更新していきます。皆様もお気づきの点、ご意見、ご感想などございましたらお気軽にご連絡下さい。っていうか、もう旅館とっちゃおうかな・・・

・・・だんだん何書いてるんだかわからなくなってきました。「想起」ですね「想起」。
宿泊と聞いて思い出すのは、去年の春に泊まったポートランドのエースホテル。ここ数年一番素敵な宿泊施設でした。気負わず、かっこつけず、素のままで一目置かれる雰囲気を醸し出すのは非常に難しいことだと思うのですが、ここはさらっとやってます。ポートランドという土地柄も相まって、カウンターカルチャーの香りぷんぷんのテイストは、他のブティックホテルでは真似することのできない力強い個性がありました。
きんせ旅館もまたきんせ旅館に合ったスタイルで、世間に認められる宿泊施設にしたいものです。

blog_bottom

2012年04月22日

営業スケジュール

昨晩は雨風ともに強かったですね。
窓がガタガタ揺れてうるさかったです。


さて、5月3日まで臨時休業が多くなります。
予めご了承下さい。


定休日・・・火曜日

臨時休業・・・4/25(水), 26(木) ,29(日), 30(月)
         5/2(水), 3(木)



5月27日(金)は、いつも楽しいこっきりの「ときん 第五回」、そして、
5月5日(祝)はお昼からシンハービール片手にラウンジパーティ、「二十歳からの子供の日」♪


どちらもお楽しみに!!

blog_bottom

2012年04月20日

新店舗など

すっかり温かくなりました。
動物や虫たちは冬の長い眠りから目覚め、鳥は歌い、鼻は咲き誇り、そして散る。なんという事でしょう!!

鼻といえば、最近、友人の帽子ブランドが立ち上がりました。
その名も「CRYPTiD」。
僕も早速1つ(帽子の単位はなんていうのでしょうか?)ゲットしましたが、
まず手に取って思った事が軽い、そして軽い!ディテールや素材など随所にこだわりが見られ、
長く愛用できるキャップです。
その友人と話していて面白いなと思ったのが、シーズン毎にテーマはもちろんあるが、
「テーマを発表しないのがテーマ」との事で、まさにブランド名に恥じぬ未確認動物っぷり!
今後の展開が非常に楽しみです。

最近では他にも、二条駅近くのカレー屋さん「森林食堂」や、木屋町松原上がった「Kawa Cafe」が
オープンし、「音楽とうどんカリーの店 VoNN」がランチを始めました。島原にもきんせ旅館から
徒歩10秒の場所に「Hygge(ヒュッゲ)」という素敵なカフェが今週末オープンします。
3月に梅小路公園内にオープンした水族館からほど近い、京都中央卸売市場には近々「すし棟」
なる建物ができるとか。

そんな周囲の変化に刺激を受けつつ、きんせ旅館もいよいよ5月から宿泊開始です。
常に変化し続ける旅館でありたいと願いつつ、変わらないのもこれまた素晴らしいと思うのであります。


blog_bottom

2012年04月20日

宿泊について

info@kinse-kyoto.com

きんせ旅館(歴史的風致形成建造物)
住所:600-8827 京都市下京区西新屋敷太夫町80

5月より宿泊を開始いたします。
築250年を越える古い建築物のため、空調や設備などが整った近代的な宿泊施設と同様の快適な
環境はご提供できませんが、京都市より歴史的風致形成建造物の指定を受けた建物の二階を1組で
ゆったりとお使いいただき、京都・島原ならではの雰囲気をお楽しみいただければと思います。
(エアコンは各部屋に設置されています)

1階に併設された大正ロマンあふれるカフェアンドバーは、到着時やお休み前の寛ぎのひと時に
ご利用いただけます。

1日1組限定
ご予約はメールでの受付のみとさせていただきます。

inn@kinse-kyoto.com


[料金(合計)]
1〜2名 21,000円
3名   26,250円
4名   31,500円
5名   36,750円
6名   42,000円
7名   47,250円
8名   52,500円
9名   57,750円
10名  63,000円

チェックイン :15時〜
チェックアウト:11時

ご出発の時間までお荷物をお預けいただけます。


門限:なし
食事:なし(朝食は徒歩5分の場所にある、京都中央卸売市場内がおすすめです)
ペット:不可
駐車場:3台(無料・要予約)
全室禁煙(喫煙コーナーあり)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※お願い※
・建物の性質上、中学生未満のお子様を連れてのご利用はお断りしております。
 また、未成年のお客様だけのご利用もご遠慮ください。
・お客様の過失による館内設備等の破損がありました場合、修繕費用を全額ご負担頂く場合があります。
・環境保全の観点より、特にご希望がなければ、2泊まではリネンやシーツの交換はいたしません。

以上ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


[設備]
お風呂・シャワー(近隣にある、古い銭湯(島原温泉)やスーパー銭湯(誠の湯)もおすすめです)
ドライヤー
シャンプー
コンディショナー
ボディソープ
ハンドソープ
バスタオル・フェイスタオル
歯ブラシ

トイレ(洋式・和式)
エアコン
WIFIあり

1階カフェ・バー営業時間:15〜23時

お支払方法:銀行振込(お手続きの詳細は確認メールに記載いたします)

最寄駅:JR嵯峨野線 丹波口駅 徒歩7分
タクシー:京都駅烏丸口より900円程度(交通状況により異なります)
運転手さんに「島原の大門の中まで」もしくは「壬生川花屋町西入る」とお伝えください。


・ご予約の手順
(※原則として、3ヶ月先までのご予約のみの受付とさせていただきます。大人数や連泊をご希望の場合はその限りではございません。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1.下記の必要事項をメールでお知らせください。inn@kinse-kyoto.com
*******************************
・お名前(漢字・かな):
・住所:
・電話番号:
・宿泊人数:
・チェックイン日:2012年●月●日
・宿泊日数:●泊
・メールアドレス:
*******************************

2.きんせ旅館より確認メールを返信いたします。
確認メールに記載されている銀行口座へ、確認メール送信日より1週間以内にご入金ください。

4.お客様からのご入金を確認次第、予約完了のメールを送信いたします。


【キャンセルについて】10日前よりキャンセル料を申し受けます。
10日前 30%
4日前  50%
前日   100%
当日   100%
不泊   100%
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご不明な点等ありましたら、お気軽にお問合せ下さい。

blog_bottom